もめんにっき


刺し子のこと、身の回りのできごとを綴る
by inuharikoy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:くらしの中で( 7 )

保険証入れ

昨年から保険証が小型化され、カード並みの大きさになりました。高齢者には便利なようで不便です。外出する時は、行き先別にカードを小分けしておかないと、いざ出す段になってもたもたすることが度々です。

これは通院用の袋です。(健康手帳・保険証・診察カードなどを入れます。)
生成りのチノクロスを 横巾22cm 長さ90cmに切って、裏面を横巾に合わせて、山折り、谷折りとおって両脇を縫い、表にひっくり返すと2つ入れ処がある袋になります。転写紙にプリントした残りがあったので利用したらかわいくなりちょっぴりいい気分です。これからは、これをバッグに入れて持っていきます。
e0087681_158181.jpg
e0087681_1583231.jpg


残り布で「キャンディポーチ」が出来ました・・・・・・
e0087681_15105651.jpg

[PR]
by inuharikoy | 2009-09-15 15:14 | くらしの中で

小物作り

2009年9月6日 (日)
箪笥の中を片付けていたら、綿紬の生成りの布が出てきました。ここで思いついたのが、Tシャツ転写紙です。これを使って何か作ってみようと思い、早速イラストをパソコンに取り込んでプリントしました。

布にアイロンで転写したら、きれいに写ったので、まずティッシュケースを作成、
e0087681_4291114.jpg


巾着・ペンケース・ポーチ
e0087681_4314839.jpg


小物がうまくできたので、今度はA4いっぱいにに写真をプリントして転写し、エコバッグを作りました。
e0087681_4375510.jpg


パソコンを使って、新しい楽しみができました。
[PR]
by inuharikoy | 2009-09-07 04:50 | くらしの中で

デコポン

2007年2月12日       (月)

東京にいる弟に好物のデコポンを送ろうと思いつき、ドライブも兼ねて不知火の物産館に行きました。それに私の大好きな不知火海産の小粒の「牡蠣」も買えるかもしれないと思いながら・・・・・

ここには「デコポン発祥の地」の記念碑が建っています。
e0087681_2243497.jpg

おでこがぶくっとふくれたユーモラスな形のこのみかんは、品種名は「不知火」で「デコポン」は糖度13度以上、クエン酸1、0%以下の品質基準をクリアした物にだけつけられた登録商標なのだそうです。
e0087681_2221367.jpg

自宅用にも買って来て食べました。香りもよく甘くてジューシーでやっぱり不知火産のデコポンは美味しいですよ。

残念ながら「牡蠣」手に入らずがっかりしました。
[PR]
by inuharikoy | 2007-02-13 22:28 | くらしの中で

パソコン勉強会

2006年7月10日   (月)

シニアパソコンクラブに入会して、あっという間に1年になりました。
毎月の勉強会に参加し、パソコン熟練の会員の方の指導のおかげで、色々な操作もできるようになったし、楽しみが出来た事が何よりです。

先日、メールの送受信がストップし、どうにもならず頭の中が真っ白になりました。相談電話も中々繋がらないし、えい!もうやってやろうと、ヘルプとガイドブックを首っ引きで、修復をやってみました。2日間かかりましたがばっちり送受信が出来るようになり、その時は目の前がパーと開けて来たようでした。勉強会のおかげで、知らないうちにパソコンのいろんな事が身に付いていたのでしょう。

勉強会では、Windowsのパソコンを使うのですが、私のパソコンはMacなので、なるべく復習するようにしています。前回習ったWordを使った地図もなんとかできました。
e0087681_6155070.jpg

[PR]
by inuharikoy | 2006-07-10 06:23 | くらしの中で

カリカリ梅の砂糖漬け

2006年5月29日   (月)

今年は我が家の梅が大豊作で、昨日は1日中梅ちぎりでした。


梅の中でも大きな実をつける「青軸」は、梅干しのほかに砂糖漬けにします。
1年中、カリカリしてお茶請けに好評なので、毎年作ります。
昨夜から明日にかけて「カリカリ梅」作りに挑戦中・・・・・・・・
     我が家の青軸
e0087681_11484953.jpg

・カリカリ梅の砂糖漬けの作り方
1、材料
    ・梅1kg ・砂糖0,7kg ・ 塩適量
2、作り方
  (1)梅の実は洗わずに、すり鉢などに入れ、塩を1つかみかけ、5〜6分もんで、梅に
    塩をまぶしたようになったら、20分ぐらい置きます。

  (2)まな板の上で、梅のなり口を下にして、1個ずつ木しゃもじの背で、上からぐっと
    押さえるとパリンと割れて種が取れますので、実をボールに入れて、1晩置きます。

  (3)出た汁は捨て、水を張ったボールに梅を入れ、2時間おきに3〜4回水を替えな
    がら、塩抜きをします。

  (4)ざるで水を切り、きれいな布巾で水気を拭き取ります。

  (5)ボールに梅を入れ、分量の砂糖をよくまぶします。

  (6)ざるに取って、下にボールを置き、一晩置きます。溜まった汁を火にかけ、さっと
    沸騰させ、完全に冷まして、梅を漬け、冷蔵庫に保管します。

○ 1週間位で食べられます。シロップは薄めると、梅ジュースになります。

     ( 参考  平成5年5月29日  熊日新聞記事より)
[PR]
by inuharikoy | 2006-05-29 12:31 | くらしの中で

健康ダンス

2006年3月8日   (水)

今日は「健康ダンス」に行きました。

毎週水曜日(9:30〜11:30)に、校区の体育館で行われています。
健康ダンスが始まって10年近くなりますが、現在40歳代から70歳代の女性会員が約40人
集まってダンスを楽しんでいます。指導されるN先生がとてもいい方で、「健康づくり」を第一
に誰でも気兼ねなく参加されるように心配りされるので、高齢者も安心して続けられます。

氷川きよしなど流行歌手のヒット曲、懐かしのメロディー、フォーク、民謡、唱歌など踊る曲
は様々ですが、どれも楽しく踊った後は気分爽快、肩こりもすぐ治ります。

e0087681_12204524.jpg

[PR]
by inuharikoy | 2006-03-09 12:26 | くらしの中で

高瀬飴

2006年2月24日   (金)

子供の頃、近所に「飴作りの名人」と言われているおじいさんがいました。
戦争中で、食料の乏しかった時代、サツマイモやお米を持って行くと飴を作って貰える
ので、薯飴がその頃のおやつでした。弟が生まれた時、お乳が出るようにと米飴が手
に入り、食べてみてこんな美味しいものがあるだろうかと、思ったのでしたが・・・・・
e0087681_1823330.jpg

年を取ったからでしょうか、最近米飴が目につくとつい買ってしまうのですが、なかなか
昔の味に出会えませんでした。昨日ひょんなことから「高瀬飴」を頂き、懐かしい米飴の
味を思い出しました。美味しかった・・・・・・・
e0087681_1835391.jpg

[PR]
by inuharikoy | 2006-02-24 18:07 | くらしの中で
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧