もめんにっき


刺し子のこと、身の回りのできごとを綴る
by inuharikoy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

文化祭前日

2005年10月28日(金)

明日から、市の文化祭が始まります。
私達「花園刺し子会」も、昨年から文化祭に参加しています。
会員は9人、刺し子を始めて3年目から1年に満たない人と、経験年数は様々ですが
皆さんとても熱心で刺し子が好きな人ばかりです。
今日は、1年間に出来た作品を持ち寄って展示をしました。
e0087681_2183579.jpg
e0087681_2174298.jpg

[PR]
by inuharikoy | 2005-10-28 21:12 | 刺し子

10月26日  水曜日

最初の対面は生後2日目、新生児室でガラス越しでした。ベッドに寝たままでしたけど、
目をパッチリあけて、まるで見えているみたい。口をもぐもぐさせたり、ちょっと体を
つっぱたようにしたりしました。
小さくて可愛い赤ちゃん、いつまでも眺めていたいと思いました。

それにしても裕子さんに、感謝、感謝です。
「ここまで来るの本当に大変だったでしょうね。これからは、もっといろんなことが
あるでしょうけど、よろしくね。」こんな思いで2〜3日過ごしていたのでしたが・・・・

生後5日目に訪ねると、新生児黄疸がひどく光線治療を受けている所でした。
裕子さんの顔も今一冴えません。私も心配でたまらなくなりましたけど・・・

予定より2日延びましたが、昨日無事退院しました。
お母さんのお乳をよく飲んで、元気とのこと一安心です。
[PR]
by inuharikoy | 2005-10-26 17:24 | 家族

誕生日プレゼント

2005年10月18日(火)

「もう予定日は過ぎたのに、何時生まれるのかしら」
この1週間、私はそわそわして何も手につきません。今日迄に仕上げようと思っていた
刺し子のトートバッグも、作りかけのままです。このままでは、今月末の宇土市の文化
祭の作品展はどうなるかと思いながらも、電話だけを待っていました。
ついに今日の4時20分
「慈恵病院からです。今日3時22分無事男のあかちゃんがお生まれになりました。
お母さん共々とても元気です。」
待望の電話がかかって来ました。
私に、初めての孫が誕生したのです。そして今日は、私の71歳の誕生日なのです。
待って待って待ちこがれた孫ちゃん、
私は、息子夫婦から「生涯最高の誕生日プレゼント」を受けることができました。
[PR]
by inuharikoy | 2005-10-19 21:20 | 家族

木綿布への思い

国民学校(昭和16年4月から22年3月迄小学校を国民学校といっていた)世代の私は、木綿への思いがとても強い。
その頃女子は4年生から裁縫があり、私の大好きな時間だった。教材は家で準備することになっていたが、太平洋戦争の真っ最中の時で、食料は配給、衣料切符を持っていても品不足で殆ど手に入らなかった。母は、家にある衣類の中から探して材料を持たせてくれた。
その時学校から配られた唯一の教材が「運針用布」だった。それは当時木綿の代用品といわれていたスフの布、新しい時はのり付けしてあるから、ピンとしているので騙されるが、1度洗濯をしたら、縮んでぐにゃぐにゃになってしまった。運針の時はやわらかくて洗ったガーゼを縫っているような感じだった。
衣料切符でやっと買えたキャラコの布もスフで、折角作ってもらった体操服も、洗濯をしたらダラーンとして、着心地が悪くその上破れやすいのである。そのうちスフも手に入らなくなり、誰もが家にある衣類をそれはそれは大切にしていた。特に木綿は純綿といってスフが混じってないものは貴重品扱い、当時女の子はみんなもんぺをはいていたが、木綿のかすりのもんぺはみんなにうらやましがられていたようだ。
終戦後7年、高校3年の時私は真っ白の純綿のキャラコを買うことができた。自分で仕立てたブラウスを着た時の嬉しかったこと、何回洗濯しても薄くのり付けしてアイロンをかけるとピーンとなって着心地がよかった。
今は、いろんな繊維が生み出され、布の種類も多いけど、私には木綿が一番である。
[PR]
by inuharikoy | 2005-10-09 20:47

刺し子ってなあに?

今月の29〜30日私が住んでいる市の文化祭が開かれます。
「刺し子を展示しますので、見に来て下さい。」
と、チラシを配りながらお願いすると
「刺し子って何ですか。」
と、よく尋ねられるので、
「ほら、柔道着や剣道着は破れないように、布全体が糸で刺してあるでしょう。あれが刺し子なんですよ。」
「はあ・・・・」     (なかなか分かってもらえない)
「昔は,布は貴重品でしたから、破れたら継ぎを当て、布を重ねて刺して,長持ちするように色々工夫しました。そんな中から色々な模様が考え出されて、ずっと伝えられて来たんですよ。その模様を刺して、今でも使えるような作品を作っています。」

刺し子について質問して下さる方は、本当に有り難いです。

作品展示も今年は4回目になります。刺し子を見に来て下さる方も、だんだん多くなって来ました。今年も宜しくお願いします。

残り布で作った作品

e0087681_17421216.jpg

[PR]
by inuharikoy | 2005-10-05 17:43

私の夢

ずーっと前、NHKの「みんなのうた」で、こんなのがありましたね。
          コンピューターおばあちゃん
          コンピューターおばあちゃん
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          ぼくのおばあちゃんは明治生まれのコンピューター
          算数 国語 社会  何でもどんと来いさ
          物知り博学、足腰カクシャク
          元気にワンツースリー
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昭和の終わり頃、パソコンも役所や学校にやっと1台有るか無いかといった時代、私はパソコンを使っている人を羨望の目で見ながら聞きました。
「それ難しいですか。私にできるでしょうか。」
「難しかなあ。おぼゆっとが大変ばい。」
しかし、この後,パソコンはどんどん普及し,IT時代がやって来て、役所主催の講習会も開かれました。私も参加しましたが、高齢者には本当に難しいと思いました。

私の夢は、コンピューターおばあちゃんになりたい!

少しずつ夢に向かって歩いています。もうすぐ私はおばあちゃんになります。
[PR]
by inuharikoy | 2005-10-04 17:09
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧