もめんにっき


刺し子のこと、身の回りのできごとを綴る
by inuharikoy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

大相撲九州場所  (福岡国際センター)

2005年11月25日 (金)

年に1回二人?の恒例行事になっている九州場所を見に行きました。着いた時は、三段目
の取り組みの最中でした。本場所の生の相撲は、迫力を目の当たりに感じることが出来る
ので幕内でなくても、熊本出身の力士の取り組みを楽しみにしています。去年は、宇土出
身の白石が、現在十両の安壮富士と優勝決定戦をして「幕下優勝」をした場所だったので
今年も期待していたのでしたが、怪我のため休場でとても残念でした。でも球磨郡出身の
千代錦の序の口優勝は、嬉しいニュースでした。

幕内力士の土俵入りは、わくわくします。刺繍などで飾った化粧回しを着けた力士の姿
と、行司さんの衣装や口上、立ち居振る舞いなど日本独特の美しさであり、文化だと思
います。

目の前で見た横綱の土俵入り
e0087681_1230589.jpg


幕内土俵入り    普天王関    今場所は怪我の休場などで不本意な成績ですが・・・・・                                        
e0087681_12364381.jpg


全勝を続けていた横綱の朝青龍が、今日の結びの一番で、琴欧州に負け、座布団が
会場いっぱい乱れ飛びました。今年も、モンゴル出身の力士の粘り強い勝ち方を何度も
見て、普天王関をはじめ日本人力士に「頑張って」と言いたい気持ちで会場を出ました。
[PR]
by inuharikoy | 2005-11-26 13:19

心残り・・・・・

2005年11月19日(土)

ブログに慣れないせいでしょうか。書きたいことはいっぱいあるのに、投稿出来ません
でした。心に残った出来事を思い出して・・・・・・

11月15日   「紅葉を求めて〜深耶馬渓へ〜」
シニアネットグループ「うきサロン」の皆さんとの、日帰り旅行が実現、目の覚めるような
美しい紅葉と、その合間から見える奇岩のコントラストが見事な景色に魅了されました。

耶馬渓ダム

e0087681_10335125.jpg


一目八景から

e0087681_10362155.jpg



11月9日    「松竹大歌舞伎」
文化庁主催で宇土市内の中学生のために開催された「本物の舞台芸術体験事業」
で、歌舞伎が公演されました。運のいいことに、空席の募集に当たり、素晴らしい舞
台を観劇できました。出し物は赤穂浪士の物語「土屋主税」と舞踊「鏡獅子」です。
「鏡獅子」はテレビで一部分を見たことがありましたが、今回は1時間半にわたって
の実演、解説で「この踊りは皆さんも将軍様になったつもりで見て下さい」と言われ
たのは、舞台が大奥だからでしょう。踊りは、前ジテと後ジテに分かれていて、前シ
テは、将軍の前に引き出された、女小姓の弥生が乙女の恥じらいを見せながら踊っ
ているうちに、手にした獅子頭に引きずられるように引っ込んでしまいます。
やがて後ジテにはいり、獅子の精が現れ、白い長い毛を振って勇壮に舞い狂います。
花も恥じらう美しい女性と、勇壮な獅子の精の二役を中村扇雀さんが見事に演じら
れた舞踊の見事さが今も目に焼き付いています。
                  これは「鏡獅子」のイメージ写真です
e0087681_1142667.jpg

[PR]
by inuharikoy | 2005-11-19 11:47

刺し子 あれこれ

2005年11月5日 (土)

文化祭の刺し子展示を見て、色々な方々に、声をかけて頂き、みんな「とても励みに
なる」と喜んでいます。刺し子の布巾は、以前作った方が、何人も居られました。
刺し子の入門は、布巾作りから始まります。適当な長さのさらし布を2枚折りにし、
長針に木綿の色糸を通し二重にして、好きな模様を縫っていきます。

e0087681_1254621.jpg


年配の男性の方が、座布団を見て、
「こんな座布団は、今は何処にも売ってなかばい。」
と言っておられましたが、特別注文でもしない限り無いでしょう。刺し子模様に
染めた座布団は、よく見かけますけど・・・・・
Nさんは、金婚式を迎えた記念にと、緑と赤の麻の葉模様を刺した座布団を2枚
作られました。愛情のこもった1番いい記念品ではないでしょうか。


e0087681_12183438.jpg

[PR]
by inuharikoy | 2005-11-05 12:23 | 刺し子

馬門石アート展

2005年11月1日(火)

文化祭は終わりましたが、手芸や美術の作品展示は、同じ会場で、10月1日から開催
されていた「馬門石アート展」の最終日11月3日迄延長になりました。折角作った作品
ですから有り難いことです。

馬門石は、最近行われた「大王の柩実験航海」で、運ばれた柩の石材です。
8〜9万年前、阿蘇山の大噴火による火砕流が固まって生成されたピンク色の凝灰岩
で、宇土市網津町馬門地区で産出されています。

石でこんなのがと思うような,アイデアいっぱいの作品が展示されています。

      デメキン

e0087681_2236137.jpg


これは中学生に作品です。目玉やしっぽの表情が何とも可愛いいですね。

   
     ランタン

e0087681_22434017.jpg


石の穴から漏れて来る明かりが魅力的です。
[PR]
by inuharikoy | 2005-11-01 22:51
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧