もめんにっき


刺し子のこと、身の回りのできごとを綴る
by inuharikoy
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

心残り・・・・・

2005年11月19日(土)

ブログに慣れないせいでしょうか。書きたいことはいっぱいあるのに、投稿出来ません
でした。心に残った出来事を思い出して・・・・・・

11月15日   「紅葉を求めて〜深耶馬渓へ〜」
シニアネットグループ「うきサロン」の皆さんとの、日帰り旅行が実現、目の覚めるような
美しい紅葉と、その合間から見える奇岩のコントラストが見事な景色に魅了されました。

耶馬渓ダム

e0087681_10335125.jpg


一目八景から

e0087681_10362155.jpg



11月9日    「松竹大歌舞伎」
文化庁主催で宇土市内の中学生のために開催された「本物の舞台芸術体験事業」
で、歌舞伎が公演されました。運のいいことに、空席の募集に当たり、素晴らしい舞
台を観劇できました。出し物は赤穂浪士の物語「土屋主税」と舞踊「鏡獅子」です。
「鏡獅子」はテレビで一部分を見たことがありましたが、今回は1時間半にわたって
の実演、解説で「この踊りは皆さんも将軍様になったつもりで見て下さい」と言われ
たのは、舞台が大奥だからでしょう。踊りは、前ジテと後ジテに分かれていて、前シ
テは、将軍の前に引き出された、女小姓の弥生が乙女の恥じらいを見せながら踊っ
ているうちに、手にした獅子頭に引きずられるように引っ込んでしまいます。
やがて後ジテにはいり、獅子の精が現れ、白い長い毛を振って勇壮に舞い狂います。
花も恥じらう美しい女性と、勇壮な獅子の精の二役を中村扇雀さんが見事に演じら
れた舞踊の見事さが今も目に焼き付いています。
                  これは「鏡獅子」のイメージ写真です
e0087681_1142667.jpg

[PR]
by inuharikoy | 2005-11-19 11:47
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧