もめんにっき


刺し子のこと、身の回りのできごとを綴る
by inuharikoy
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

石橋を訪ねて      菊池市

○4月22日
「日本の石橋を守る会」の総会に参加しての楽しみは、開催地の「石橋巡り」です。
菊池市にも、12カ所に現存しているとのことで、総会でこれらの橋について詳しい講演があり期待していたのに、朝からあいにくの雨、ところが私には思いがけない楽しい散策となりました。
橋の所在地までは、マイクロバスで移動しました。最初に着いたのは「迫間橋」です。近くに、小さな石橋「綿打橋」がありました。これは「迫間橋」を架けるための試験だいとして作られたそうです。

迫間橋 (はざまばし)
e0087681_1642445.jpg

菊池市を流れる迫間川に架けられた眼鏡橋、文政12年(1829年)に竣工。長さ36,4m、幅4,0m,高さ10,0mの大きな橋で、約180年もの長期間の使用に耐え、今も生活道路として使われています。

ゆめのめがね橋
e0087681_20232762.jpg

総会で「ゆめのめがね橋」のことを聞きました。なんとこの橋菊池北小学校の3年生の子供達の発案で造ったそうです。
e0087681_5473381.jpg
地域の土木建築に携わる方やボランティアの方々と、子供達もヘルメットをかぶって、頑張って造り上げました。夢を叶えて下さった、地域の方々には頭が下がります。そして、この子供達は、今残っている石の眼鏡橋を、いつまでも大切に見守って行ってくれるだろうと思いました。約180年前、試作の橋まで造って、現在もびくともしない眼鏡橋を架けた、石工さんや地域の方々の心意気が今に伝わっているようです。

永山橋(ながやまばし)
e0087681_6121120.jpg

現在ある道路から、かなり下に下りた所に、永山橋は架かっていました。長さ61m,幅4,6m、高さ17mのどっしりした橋です。

立門橋(たてかどばし)
e0087681_6264162.jpg

フラワーヒル菊池高原に行く途中の柏川に架かっていました。実にきちんとした造りで「霊台橋」と感じが似ています。壁石に「立門」と白い大きな文字が彫り込んであります。
万延元年(1860年)竣工、長さ75m、幅3,6m、高さ11,4mの大きな石橋です。

相生橋(あいおいばし)
e0087681_6432423.jpg

元々は五連の橋でしたが,水害等で消失、現在は真ん中の一連だけが残っていました。

雨の中の「石橋巡り」でしたが、しっぽりと濡れた石橋も風情がありいいものだと改めて感じました。小学校の校庭に架かっている「ゆめのめがね橋」はこれからも子供達にいろんな夢を与えてくれる事でしょう。
[PR]
by inuharikoy | 2007-04-26 06:45 | 散策
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧